業務を効率化したいなら決済代行会社を利用しよう

電話代行サービスを利用

オフィスでの電話対応は欠かせないものですが、ほかの業務に支障がでる場合があります。そのようなときには、電話代行サービスを利用してみましょう。外国語も話せるスタッフも在籍している業者もありますので、安心して依頼することができます。

カード決済を導入するには

クレジットカード

ネットショップに不可欠

インターネットの普及により、近年は電子ネットワークを利用した商取引、いわゆるeコマースが著しい発展を遂げています。実店舗を持たなくてもモノの売買ができるとあって、多くの起業家がネットショップを開設しています。こうしたネットショップを運営するに当たって気をつけなければならないのは、できるだけ多くの支払い方法に対応し、ユーザーの利便性に配慮することです。中でもクレジットカード決済はオンライン決済の大半を占めており、どのショップでも導入は必須と言われています。そこで最近では、決済代行会社を活用して手軽にカード払いを導入するショップオーナーが増加しています。ワンストップで決済手続きが行えるとあって評判を呼んでいます。

面倒な手続きをすべて代行

決済代行会社は、ショップとクレジット会社の間に入り、契約手続きや入金管理を代行するサービス業者です。カード決済の導入は、ショップが個別にクレジット会社に利用申請を行うのが原則となっています。しかしその手続きは複雑であり、さらに複数のカード決済に対応するためにはそれぞれのクレジット会社に手続きを行わなければなりません。また、契約後の決済業務においても、入金のサイクルや伝票の書式などはクレジット会社ごとにばらばらであり、売上を正確に管理するのはなかなか大変です。決済代行会社は、クレジット会社とのやり取りを一本化し、こうした課題を解決してくれます。利用申請の代行、入金の取りまとめ、セキュリティ対策など、決済代行会社を経由することでこうした業務を大幅に省力化することが可能になります。

覆面調査を依頼

覆面調査は、第三者の目線で店舗を評価してもらい、サービスの質や店舗管理の面を改善できるきっかけにもなります。いつ、誰に調査されているかわからないので、普段通りの接客を評価してもらうことができます。

名刺をデータ化しよう

ビジネスに欠かせない名刺ですが、枚数が多いと保管するだけでも大変です。そのようなときには、名刺データ化をすることをおすすめします。業者に名刺スキャン代行を依頼し、いつでもパソコンで確認できるようにするととても便利です。