名刺をデータ化しよう|業務を効率化したいなら決済代行会社を利用しよう

業務を効率化したいなら決済代行会社を利用しよう

名刺をデータ化しよう

名刺交換

ビジネスに名刺交換はつきものです。特に営業を担当している人は、毎日のように名刺交換をされているでしょう。そうすると、保管する名刺の量も膨大な枚数になります。そのままの状態で保管していると、いざ連絡を取りたいというときに、なかなか目当ての名刺を見つけられないとういこともあります。そのようなことを避けるためにも、名刺データ化をすることをおすすめします。名刺データ化をすると、パソコンですぐに検索することもでき、整理に時間をとられるということもありません。すぐにメールフォームを開くということもできますので、やり取りがスムーズに行なえます。

名刺データ化をしようと思っていても、膨大な枚数ですとスキャン作業も大変です。そのようなときには、名刺スキャン代行サービスを利用してみましょう。業者によって作業方法は異なりますが、一般的な流れをご紹介します。まずはスキャンしたい名刺を持参し、業者に依頼します。その時点では枚数は確認せず、スキャン作業が終わってから、処理枚数で確認します。数百枚単位で費用を設定しているところが多く、300枚で2千円前後というところもあります。さらに枚数が多い場合は、1枚単位で請求するところもあります。およそ3日でスキャン作業は終了します。その後は、データ化された名刺を管理するだけです。念のため、名刺データ化した後も名刺を別で保管しておくと良いでしょう。何かあったときのために安心です。名刺スキャン代行サービスを行なっている業者はいくつかありますので、各社の料金を比較して依頼してみてください。